フローリング・アルミサッシの傷補修は神奈川リペアアキ

フローリングなどの木部補修からアルミサッシ等の金属補修までリペアアキにおまかせ!

木部補修

そんなつもりもなかったのに、自宅にある重い荷物を運んだら、フローリングに傷がついてしまった、そして傷が結構目立ってしまっている、そんなことありますよね(+_+)…

金属補修

知らない間にアルミサッシやシャッターなどの金属製品に傷が付いている、付けてしまったそんなこと無いでしょうか?
フローリングとかの木部製品は補修できると…

フローリングの再生

現在多くのフローリングはシート張りが多く、天然木を使った市場は以前に比べ少なくなりましたが、やはりフローリングの本来の魅力は天然木の素材のものが最適なのではないかと…

木部&金属補修に関することでご不明なことはございませんか?

木部&金属の補修に特化!建物のあらゆる補修に対応

床をチェックする業者

専門がリフォームや建築の業者が片手間で行う補修やリペアではなく、当社は元々創業時から補修がメインの会社です。フローリングや床の木部補修に始まり、アルミサッシ・シャッター・玄関ドア・門扉などひと昔前は補修するという考えがあまり無かった、また難しいとされていた金属補修まで「補修」というものに特化し現在まで事業を行って来ております。
「こんな物でも直るのかな?」とお問い合わせいただきますと、意外にご対応できる場合が多いです。百聞は一見に如かずと申します。ぜひお気軽にお問い合わせください。


熟練の技術を持ったスタッフがお伺いします!

経験豊富なスタッフ

フローリングのキズなどの木部やアルミサッシのキズなど金属の補修まで、補修に特化した専門知識を持つ専属のスタッフがお客様の元までお伺いさせていただきご対応させていただきます。実際のキズの程度の判断から、最適な補修を完了させるまでキッチリと業務をさせていただきます。またその他で気になるキズが出てきた場合もお気軽にスタッフにご質問ください。


他社で断られた案件でもできる限り対応いたします

図面を見ながら作業をチェックしている男性

当社は建築会社が片手間で補修を行うのとは違い、専門として補修業務を行っている会社でございます。そのため、補修に関する知識と技術の幅が違うと自負しております。ですので、他社で問い合わせてお断りされたリペア案件でも当社だと対応が可能ということが多々ございます。
最初からダメだと思いこまずに、まずはお気軽に当社にお問い合わせください!



安心できるフローリング等補修業者選びのポイントとは

まず初めにここでお伝えしたい事はフローリング補修を始めるケースで工務店や自分自身で補修を行ってはいけません。
フローリングの補修と言われているのは専門的な技法を持ち合わせていない人が行なったところで補修が出来るのが難しいに止まらず、むしろダメージが顕著になってしまう、傷が拡大してしまう等の事例が起きてしまいます。
従ってフローリング補修の際は確実に専門的な知識が備わっている補修業者にお願いをする事を提案致します。
そうは言っても補修業者の中に於いても信頼されて好ましい補修業者と悪徳業者が存在する事も現実の姿です。
そこでここでは安心できるフローリング等補修業者選びのポイントをご紹介します。

1.フローリングの補修を専門業者に依頼するメリット

フローリングの修復を専門家にお願いする長所はたくさんありますが、先ずはコストの問題となります。
フローリング全面に劣化が進行している状況下ならばフローリングの張り替え工事が必要不可欠ですが、局部的な傷に関しましては、修復業者に依頼した方が大幅なコストダウンが図れます。
更には、余計な廃材を出す必要なく、材料を大事に使用するといったエコの点からもフローリングの修復はプラスの面が多いです。
ここ数年DIYが人気を博しているため、フローリングの修復もたやすく出来るかもしれないと決めつけてしまいがちですが、微小な傷なら可能だとしても大きな傷や深さのある傷であればなかなか大変な作業になります。
理由はフローリングの種類や表面塗装の方法・傷の様子に応じて補修方法が異なって来るためです。それに加えてフローリングの色をフィットさせるのが困難で、せっかくDIYで修繕したにもかかわらず反対に修復箇所が人目を引くようになったという失敗例も多数あります。フローリング工事の専門業者に依頼する大きな長所は、時間をかけずあたかも貼り替えたみたいに美しく仕上がることです。

2.そもそもフローリング補修業者とはどんなお仕事?

フローリング補修業者とは文字通りフローリング補修をすることが可能な専門的な技術を兼ね備えた業者。これらのフローリング補修を行う事が可能な業者は主として2種類の業者に区分することが可能です。

リペア業者

リペア業者とは補修・修復に限定して務める業者。フローリング補修を依頼する際では原則的にはこういったリペア業者に頼むことになります。
このようなリペア業者は下請けというものを使うケースがあまり無くて、職人が自ら仕事を獲得して来て施工を実施するケースが多くあります。そういった背景からノウハウはしっかりしながら、リーズナブルな料金を表示してくれるケースが多いです。

リフォーム業者

リフォーム業者というのは補修を限定にしているのではなく、補修の仕事をしている業者もあるといった実例です。根本的にリフォームとは改めて作りなおすといった意味です。要するに、補修部分のフローリングを剥き取って新品にすると言うことです。
当然金額はリペア業者と照らし合わせると遙かに高い費用になる。リペア業者と対比して2倍、3倍になってしまうことも珍しくはないのです。

リペアで事が足りるのか、またはリフォーム行わないと駄目なのか、の区別を付けるのは困難であります。差し当たって困ったらリペア業者に頼んでみればいいのではないでしょうか。思いの外張替が必要不可欠そうな傷だったとしてもリペア業者にかかれば補修のみで新品のに匹敵する状態によみがっているといった事もあるのです。

3.この部分をチェックすればOK!業者選考に是非欠かすことができないポイント

冒頭で述べた通り、補修業者にも良い業者と悪徳業者があります。悪徳業者に要請をしてしまったら、粗悪な工事を催されるばかりか高い金額の料金を払うことになることだって十分考えられます。ここでは信用できる業者を判別するポイントとなるところを紹介していきます。

インターネットサイトをチェックする

WEBサイトはリペア業者からすればお客様を呼び寄せてくる貴重な営業ツールと言えます。そのWEBサイトが悪徳業者はいまひとつのページであることが多いです。
例えて言えば、住所や営業時間、連絡先のみが記載された専門業者は敬遠した方がよろしいと思います。
しかしながら見事なWEBサイトを所有してても実体が存在しない業者、よく言う見かけばっかりの立派な会社も残念ながら存在します。その為にWEBサイトの保有者であるのは大前提の条件として、その中より選りすぐっていくことを目標にした気にすべきポイントをこの後に紹介します。

施工実績を確かめる

業者によっては施工実数、施行前と施行後の画像をのせてあるところもよく見られます。このような実績と呼んでもいいものをのせている業者は技術を公言していますから信じても良いと思います。
加えて、具体的に補修前後の画像をチェックすると言う事から業者がどの辺まで補修してもらえるのかも理解できるでしょう。「実績の数字は信頼の裏付け」というようなフレーズは、あながち誤ってはいないものです。
これ以外に施工実績で判断するときにチェックしたいのは値段の内訳が掲載されているかどうかです。内には詳細が紹介されておらず、その他の経費を別途払うことになるケースも珍しくないです。材料費、駐車料金、また高速道路費なども含まれて補修費となりえます。
どうしてなのかこの事例は認知されていないので費用に関する点はトラブルの要因になる場合が多いので、予め確認しておきましょう。

業者のアピールポイントをチェックする

業者のアピールポイントとは、技術力だけに限らずもう1つ売りにしている部分有るのか否かです。
一つの例として資格保有者の数やアルバイト・派遣スタッフを雇っていないというようなものであります。残念ですがリペア業者の中では専門的な技術を持ち合わせていないアルバイトや派遣を雇い入れているところも少なくはないのです。
フローリング補修は職人に施工をやってもらうべきです。技術が要される補修を素人も同然のアルバイトの力を借りるのと比べたら自分で実行した方がマシだということです。なのでWEB上に掲載されている業者のアピールポイントは是非チェックしてください。

保障の仕組みのチェック

保障の仕組みがきちんとしているのかどうかも良い業者かそうでないのかを見極めるポイントとなります。至極当然良い業者は保障の仕組みがキッチリと行なっています。これに関しても施工後のトラブルの要因になる場合が多いので、お客様自身で業者と事前に確認をしっかりしておきましょう。

事務所に訪問したいという考えを告げる

WEBサイトだけの実体が一切無い会社を見極めるのにこれは相当有効な方法です。業者のWEBサイトから実際に事務所を訪問して相談・質問したいといった趣旨のメールを送信してみましょう。
ビックリするかもしれませんがほとんどの業者が断りの連絡を入れてきます。そういう風な業者は丸っきり信用できないものです。本当に良い業者はしっかり快く引き受けてくれると思います。
そのうえで実際に対面して一層詳細な料金説明、補修プランといったものを説明してくれるはずです。実際に訪問する意図が無い場合でも、メッセージを送ってみるだけ見て、来社を承諾してくれたら、行けなくなった等の断りの連絡をしても、良い業者はその部分は問題にはしません。

業者の比較検討をする

なによりいい業者を見極める最大のポイントとなるところ。といっても言い過ぎではないです。複数の業者を比較検討をするということで、各業者のプラス面・マイナス面が把握できてくる。その上その時点で無料見積の比較を行なってしまう事もとても大事です。
市場価格と見比べて明白に高額な見積結果を出す業者はもちろんの事、低価格過ぎる見積結果を出す業者にも気をつける必要があります。そのような業者はバイトを雇ったり、材料費を減らしたりしている可能性が考えられます。

4.悪質業者を見定めるポイントとなるところ

悪質業者を見定める事は業者選びでトラブルを起こさない大切な要素でもあります。ここからは悪質業者を見定めるポイントをアドバイスさせていただきます。

本業の合間に補修を営んでいる業者

フローリングの補修と呼ばれているのは純粋に容易くはない業務です。きっちりした技術を持ち合わせていない職人の他には完璧に補修することはほぼ不可能だと思います。専門的なテクニックを持ち合わせていない業者と言われているのはリペアを中心にしていない業者の事を指します。言ってみれば片手間に補修業を行っているところと言えるでしょう。

料金体系にも注意

上記で述べたように極めて安い料金を提供している業者も要注意であります。芳しくはない原材料を用いて材料費の削減をおこなっている、アルバイト・派遣を活用することによって人件費を軽減している可能性があるからです。安い補修費は正直言って魅力的に違いありませんが、一定レベルの金額を払うことも必要だと思います。



フローリング補修を生業としている業者は、本業の合間に営んでいるところから、専門的に実践しているところまで本当に数多くあります。良い業者を見定めるの為には最終的にはお客様自身の情報収集が非常に重要です。この文章を参考に、ぜひ良い業者とめぐり合ってください。

リペアアキのお問い合わせ