金属補修について 床・フローリングの修繕ならリペアアキ 東京 神奈川 千葉 埼玉

リペアアキ official Webサイト
  • 代表ごあいさつのページへジャンプします。
  • 何故リペアアキは各種補修がお得なのかのページへジャンプします。
  • 補修職人のスキルについてのページへジャンプします。
  • 補修作業後のアフターケアも安心!のページへジャンプします。
  • よくある質問のページへジャンプします。
シンク磨きも リペアアキにお任せください!
アルバイト募集情報
powered by ジョブセンス

金属補修

金属補修は、主にアルミサッシ、フェンス、玄関ドア、門扉がメインになります。アルミサッシに用いられているアルミは、サビ知らずの強い金属と思われがちですが、実は腐食する金属です。通常は「アルマイト」と言う酸化皮膜で覆われているので安定していますが、しかし腐食してしまって溶け出すと、白化してしまったりします。
金属補修イメージ01

金属補修イメージ02
例えばそのような場合はどうするかと申しますと、アルミの地には、できるだけ傷をつけたくないので、細かい番手を使って根気よく水研ぎサンディングします。 それが終了したら、車両用2液ウレタンクリア等を吹き付け塗装したりします。 玄関ドアは、全体にサビが発生している場合などは表面シートを全て剥してから下地処理して全塗装するなど大がかりになりますが、基本的に、傷の部分と、そうでない部分をなじませることに気を配って補修します。

金属補修は、下地出し→専用のプライマーの塗布→試し吹きによる目視→色の吹き付けが基本の業務工程です。 浴槽や洗面化粧台やキッチンのトップに用いる人造大理石の補修にも用います。金属ではありませんが、浴槽や洗面
化粧台に用いる人工大理石の補修も行います。
金属補修イメージ03

金属補修イメージ04
なお最近では、ステンレスの補修の依頼も多いです。もちろん承らせていただいております。主に台所のシンクもそうですね。ステンレス系は、旧塗膜の剥離作業から始まり、全て剥離したら、エポキシ系の金属プライマーを吹き付けて、乾燥後に仕上げの塗装を行います。
木部補修の専門知識と全然違い、新たな金属補修の知識・技術がないと上手く直せないことが多いので、ある程度までキズが深くなったら、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。お待ちいたしております!
金属補修イメージ05